乳酸菌は英語でなんという?

乳酸菌は英語でなんという?

乳酸菌は英語で「lactic acid bacterium」(複数形=bacteria)と言います。

 

乳酸菌とは、ヨーグルト、チーズ、乳酸飲料などの発酵乳製品、またはぬか漬け、キムチ、ピクルスなどの発酵植物製品等の発酵を促す細菌類の一種です。
乳酸をはじめとする酸を作り出す細菌の総称で自然界に広く存在しています。

 

乳酸発酵によって作られた食品には、乳酸によって雑菌が死滅するため保存性に優れる、栄養価が高まると同時に独特の風味が生まれる、消化吸収しやすくなり直接腸内環境を改善したり善玉菌の栄養分になる…というメリットがあるためなるべく積極的に体内に摂り入れたい食品といえるでしょう。

 

我々の腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌(善玉菌が多いときはおとなしいが悪玉菌が増えると有害な作用を及ぼすことがある菌)がいます。
乳酸菌はビフィズス菌などと並ぶ善玉菌の代表格で腸内環境を正常にする働きがあります。
乳酸菌が増えると腸内の酸性度を最適化して善玉菌が一層住みやすい環境になり腸の運動機能が活発化します。
「乳酸菌を摂ると便秘が解消される」とよく言われるのはそのためなのです。
ヨーグルトなどは比較的低カロリーで安価なので食後のデザートとして摂り入れるのに最適です。
ただしいくら摂取しても最終的には一週間ほどで体外に排出されるため毎日継続して摂る必要があるでしょう。